市町村別種目一覧

紀北

卓球

卓球はイギリス生まれのスポーツで、明治時代に日本に伝えられました。
卓球台を挟んで向かい合い、専用のラケットを使ってプラスチック製のボールを相手コートに打ち合い得点を競います。
レジャー施設や温泉などで気軽に楽しむことができ、私たちの生活に非常に近いスポーツの一つです。

詳細を見る

テニス

テニスのルーツは古代ローマ時代にまで遡りますが、現在のテニスの原形となったのは、中世フランスで室内競技として宮殿などで行われていたコートテニスだと言われており、明治時代に日本に伝えられました。

ハードコートやクレーコート、グラスコートなどの様々な材質のコートで行われ、ポイントの取り合いで試合が進行していきます。 

最近の日本人選手の世界での活躍により更なるブームに火が着き、性別や世代を問わず多くの愛好者に楽しまれています。

詳細を見る

ソフトボール

ソフトボールはアメリカ生まれのスポーツで、大正時代に日本に伝えられました。
一見、野球と似ていますが、野球に比べ大きなボールの使用やダブルベースの活用など、安全性が高く年齢や性別を問わず多くの方に親しまれています。
また、女子ソフトボールは、日本が金メダルを獲得した2008年の北京五輪を最後に正式種目から除外されましたが、2020年の東京五輪において正式種目に復活することとなりました。

詳細を見る

ゲートボール

ゲートボールは昭和22年に北海道で考案されました。

5人対5人のチーム対抗形式でゲームが行われます。スティックを使ってボールを打ち、コート内の3か所のゲートを通過し、最後にコート中央のゴールポールに当てて総合得点を競う競技です。競技時間は30分と短く、手軽に楽しむことができます。また、この競技は相手チームとの駆け引きや戦術があり、頭脳スポーツでもあります。 

今では、国内はもちろん、アジアを中心に50を超える国や地域でも普及しており、4年に一度、世界一を決める国際大会も開かれています。

詳細を見る

ペタンク

ペタンクはフランス発祥の球技であり、昭和40年代に日本でも本格的に普及され始めました。
決められた位置からビュット(目標球)に向け、金属製のブール(ボール)を投じ、相手チームよりもビュットに近いブールの数を競います。 

老若男女問わず全ての人が楽しめるスポーツとして、ヨーロッパを中心に世界各国に数多くの愛好者がいます。

詳細を見る

和歌山市

卓球

卓球はイギリス生まれのスポーツで、明治時代に日本に伝えられました。
卓球台を挟んで向かい合い、専用のラケットを使ってプラスチック製のボールを相手コートに打ち合い得点を競います。
レジャー施設や温泉などで気軽に楽しむことができ、私たちの生活に非常に近いスポーツの一つです。

詳細を見る

テニス

テニスのルーツは古代ローマ時代にまで遡りますが、現在のテニスの原形となったのは、中世フランスで室内競技として宮殿などで行われていたコートテニスだと言われており、明治時代に日本に伝えられました。

ハードコートやクレーコート、グラスコートなどの様々な材質のコートで行われ、ポイントの取り合いで試合が進行していきます。 

最近の日本人選手の世界での活躍により更なるブームに火が着き、性別や世代を問わず多くの愛好者に楽しまれています。

詳細を見る

ゲートボール

ゲートボールは昭和22年に北海道で考案されました。

5人対5人のチーム対抗形式でゲームが行われます。スティックを使ってボールを打ち、コート内の3か所のゲートを通過し、最後にコート中央のゴールポールに当てて総合得点を競う競技です。競技時間は30分と短く、手軽に楽しむことができます。また、この競技は相手チームとの駆け引きや戦術があり、頭脳スポーツでもあります。 

今では、国内はもちろん、アジアを中心に50を超える国や地域でも普及しており、4年に一度、世界一を決める国際大会も開かれています。

詳細を見る

水泳

現在の競泳の形が日本に普及したのは、明治末期から大正初期にかけてヨーロッパから西欧近代泳法が伝えられたのが始まりと言われています。

1928年のアムステルダム五輪で初めて日本人選手がメダルを獲得して以降、数多くの世界大会で多くの日本人選手がメダルを獲得するなど競技スポーツとしての人気のほか、健康増進などを目的とした生涯スポーツとしても高い人気を誇ります。

詳細を見る

紀中

グラウンド・ゴルフ

グラウンド・ゴルフは昭和57年に鳥取県で考案され、地域のグラウンドでも気軽できるスポーツをイメージし、その名が付けられました。

規格化されたコースや高度な技術は必要とせず、簡単なルールで子どもからお年寄りまで誰もが楽しむことができるスポーツです。

詳細を見る

ウォークラリー

ウォークラリーとは、日本で考案された野外レクリエーションです。
コース図に従い、途中で出題される課題を解決しながら、ゴールを目指し、設定時間とゴール時間の差による「時間得点」と「課題得点」の合計で競います。 
設定時間は、歩く速さや課題解決の時間を考慮し設定されるため、体力差や年齢等に関係なく誰でも参加することができる種目です。

詳細を見る

俳句

俳句は、日本の伝統文化であり、五・七・五の十七音から成る世界最短の詩と言われています。季語を用い、自然や四季を詠むのが特徴です。
昨今では、日本はもとより海外での人気も高まっており、外国語でも俳句が詠まれています。

詳細を見る

民謡

民謡は、古くから庶民の集団生活の場で生まれ、多くの人々に長く歌いつがれ、生活感情や地域性などを反映した歌謡です。
全国各地でコンクールや大会が開かれており、全国的にはソーラン節などが有名です。

詳細を見る

健康マージャン

健康マージャンとは「お酒を飲まない、たばこを吸わない、お金を賭けない」マージャンです。
仲間との交流を楽しみながら頭や指先を使って行う「脳トレ」として、高齢者を中心に多くの愛好者がいます。

詳細を見る

紀南

ソフトテニス

ソフトテニスは明治時代に伝わったテニスを基に、ゴムボールを使用する日本独自のスポーツとして考案されました。

老若男女問わず楽しめる生涯スポーツとしてはもちろん、今では世界各国に普及し、世界選手権が開催されるなど、競技スポーツとしても高い人気があります。

詳細を見る

マラソン

その昔、「マラトンの戦い」でのギリシャ軍の勝利を知らせるため、マラトンからアテネまで兵士が走ったのがマラソンの起源と言われています。

世界大会で活躍する日本人選手も多く、長く日本で親しまれてきたスポーツですが、最近の健康ブームの影響を受け、日本各地でマラソン大会が開催されており、年齢や性別を問わず多くの方々に親しまれています。

詳細を見る

弓道

弓道は、和弓で矢を射て、的に当てる日本古来の武道です。射法八節と言葉あるように、弓道では「足踏み」から「残心(残身)」までの一連の動きを終始一貫し、淀みなく行う必要があるなど、鍛錬された心身が必要となります。

また、2006年には国際弓道連盟が設立され、現在ヨーロッパやアジア、オセアニアなどの24ヵ国が加盟し、世界中で多くの愛好者に親しまれています。

詳細を見る

剣道

剣道は稽古を続けることによって心身を錬磨し人間形成を目指す日本独特の文化・武道です。そこでは試合も剣の理法の修錬の一環であり、単に勝敗を争う運動競技とは一線を画します。

現在このような剣道への共感は世界中に広がり、国際剣道連盟には57の国と地域が加盟して日々の稽古に励んでいます。

詳細を見る

ボウリング

ボウリングは、江戸時代に長崎の出島を通じて日本に伝えられました。

三角形に並べられた10本のピンをめがけてレーン上にボールを転がし、倒したピンの数を競うスポーツです。 
昭和45年頃には、女子プロ選手の活躍などをきっかけに社会的なブームとなりましたが、今でも、男女や年齢を問わず手軽に楽しめるスポーツとして、広く親しまれています。

詳細を見る

田辺市

弓道

弓道は、和弓で矢を射て、的に当てる日本古来の武道です。射法八節と言葉あるように、弓道では「足踏み」から「残心(残身)」までの一連の動きを終始一貫し、淀みなく行う必要があるなど、鍛錬された心身が必要となります。

また、2006年には国際弓道連盟が設立され、現在ヨーロッパやアジア、オセアニアなどの24ヵ国が加盟し、世界中で多くの愛好者に親しまれています。

詳細を見る

サッカー

サッカーは一説によると、明治時代に日本に伝えられたと言われています。
日本では、国内リーグの結果や日本人選手の海外リーグでの活躍などが日々放送されるなど、国民的人気を誇るスポーツです。また、最近では女子日本代表「なでしこJAPAN」のW杯や五輪での活躍により、世代や性別を超えて更に人気が高まっています。

詳細を見る

合気道

合気道は、和歌山県田辺市出身の開祖・植芝盛平翁が日本伝統武術の奥義を究め、さらに厳しい精神的修養を経て創始した現代武道です。合気道は相手と強弱を競わず、お互いに切磋琢磨し合って稽古を積み重ね、心身の錬成を図ることを目的としています。

現在、世界約130の国と地域に組織・団体があり、全世界で約160万人の愛好者がいると言われており、世界的に広がりを見せています。

詳細を見る

このページのトップへ