交流大会(ふれあいスポーツ交流大会)

水泳

水泳

現在の競泳の形が日本に普及したのは、明治末期から大正初期にかけてヨーロッパから西欧近代泳法が伝えられたのが始まりと言われています。

1928年のアムステルダム五輪で初めて日本人選手がメダルを獲得して以降、数多くの世界大会で多くの日本人選手がメダルを獲得するなど競技スポーツとしての人気のほか、健康増進などを目的とした生涯スポーツとしても高い人気を誇ります。

会場(予定地)

会場名:秋葉山公園県民水泳場
所在地:和歌山県和歌山市秋葉町4-11

秋葉山公園県民水泳場

開催地紹介

このページのトップへ